復縁相談元彼 六本木OBERON

| コメント(0) | トラックバック(0)

復縁相談元彼 六本木OBERON

本02.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


雑誌掲載の六本木OBERON、安心してお越しください。

出会いとは偶然か必然か、待ち焦がれるのもです。

すべての偶然は必然ですが、必然性を持たせる貴女の受け入れ状態で、単なる偶然として通り過ぎます。

人生の成功者は様々な偶然をチャンスに変えている心がけがります。 

如何なることも自分にとって如何なる理由があるのかを思うことが結婚への歩みです。

貴女の復縁・恋愛・結婚を貴女の心の奥底から観てみませんか、

恋愛も結婚も相性があり一度考えてみませんか・・。 

是非お会い致しましょう。

**********************************************************

対面カウンセリングと瞑想・浄化セミナーがあります、

共にお電話で予約をお願い致します。

サロン 東京都港区赤坂9-6-28 

アルべルコ乃木坂 

Tel 090-8805-8765 

ご予約受付時間 AM10:00~PM23:00

営業時間     AM11:00~PM24:00

詳細や料金は自社サイト下記から参照下さい。

 対面相談の詳細はここをクリック 


  ご相談の詳細はここをクリック 


 スケジュールはここをクリック 


(宗教・医療・販売は致しません)

**********************************************************

a211.jpg

コラム 結婚出会い

好きな作品です。

辞書客観性 三木清  私がヴォルテールの『哲学辞書』を買つたのは、たしか大黒屋といふ本屋であつたと思ふ。 京都ホテルの前にあつた洋書屋で、ホテルに来る外人が主な客であつたらしいが、現在はなくなつてしまつたやうだ。

京都で洋書を売つてゐたのは丸善とこことの二軒であつたので、私は学生時代に折々出掛けて行つたが、或る時この本を見出したのである。初めそれを手に取つたとき、ヴォルテールと哲学辞書とがうまく結び附かなかつた。ヴォルテールが辞書を編纂するやうな人と考へられなかつたし、その内容も一見普通の辞書のやうではなかつたので、当時フランスのものについて知識の極めて貧弱であつた私は、実は、半信半疑であつたのだが、ともかくフランマリオンの叢書であるから、信用して買つて帰つた。今思ひ出して恥しい次第である。  

その時分フランス語があまり読めなかつた私は、語学の勉強のつもりで、字引を頼りに永い間かかつてこの本を一通り読んでみた。それからである、辞書についての私の観念が変つたのは。それまで辞書といへば、言葉の意味が分らない時に引くもので、その記述は客観的で筆者の私見など加へらるべきものではないと考へてゐた。ヴォルテールの哲学辞書はこれとはまるで反対のものであつたのである。

項目は彼の立場から極めて主観的に選択され、それについて自分の哲学的見解が甚だ自由に述べられてゐる。その後東京に住むやうになつてから、或る時、京都へ行つたついでに丸善へ寄つたら、この本の英訳書があつたのも、何か妙な縁であるやうに思はれた。 

c111.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://alfatitania.lolipop.jp/mt/mt-tb.cgi/842

コメントする